これで背中にきびともおさらば

背中にできる背中にきび。

普段は見えない部分という点では顔にできるよはマシかもしれませんが、いざという時に困りますし、痒みや痛みを伴った場合、常に衣類に隠れていて通気性が悪いので、治りにくいという問題もあります。

そんな背中にきびにお悩みの方に改善できる、ある簡単な方法をご紹介します。そもそも背中にきびの原因はリンスの付着です。頭を洗う際、最後に髪を守るためにリンスやコンディショナーをしますが、これが肌についたままとなり、毛穴をふさいでにきびの原因となるのです。

そこでこれを解決するには身体を洗う順番を変えるだけでいいのです。まずは頭を洗ってから体を洗うと順番を変えるだけで、背中にリンスがついたままという最悪の状態にはなりません。それにお風呂上りのケアも加えればバッチリです。背中も顔と同じように化粧水、乳液というケアをすればいいのです。お風呂に入ると肌が潤った気になりますが、お風呂のお湯が蒸発する際に肌内部の水分も持って行ってしまうので、そのままでは実は乾燥してしまいます。そこで顔だけでなく背中も同じようにケアしてあげることで乾燥を防ぎ、にきび予防にもつながるのです。

ただ、背中は塗りにくいという問題があります。ご主人や彼氏など塗ってくれる家族がいれば頼めばいいですが、一人暮らしの方はどうしたらいいのでしょうか。化粧水はスプレータイプを使うと便利です。逆さにしてもシュッとできる容器もあるので便利です。乳液に関しては孫の手のような棒の先にガーゼなどを巻き付けて、そこに乳液をつけて利用すると楽です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *