にきびができたら原因を探る

にきびができたときに、どうやって対処すればいいかを知っていますか。

ニキビ用の化粧品を使えば治る、薬を使えば良いと思うかもしれません。確かに、このような方法ですぐに治る人もいます。しかし、対処を誤ってしまうとかえってひどくなることもあります。だから、安易に化粧品を変えるのではなく、まずはなぜできたのか、原因を探ってください。皮脂がたっぷり出ているのならば、皮脂の分泌を正常に戻したり、皮脂を洗顔できちんと洗い流してください。

洗浄力が高い洗顔料を使えば皮脂は落ちますが、あまりにも洗浄力が高い場合は、必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌のバリア機能が失われることもあります。洗浄力は強すぎる必要はありません。皮脂が多くても適度に皮脂が落ちれば十分です。

洗顔では肌をごしごしとこすったりすることも避けてください。肌はとてもデリケートなので優しく洗ってください。意外と乾燥が原因でにきびができることも多いです。皮脂の分泌よりも乾燥が気になるのならば、乾燥肌対策をしたほうが良いです。

すると、肌が潤うので、肌の調子がよくなります。健康的な肌になれば、にきびができにくくなりますし、できたとしてもすぐに治ります。原因がわかることで、適切な対処をしましょう。そうすると、早く治ります。跡が残る可能性も低くなります。どうしてもにきびが治らない場合は医師に診てもらってください。治療すれば、早く治りますし、跡も残らなくて済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *