にきび対策をするため洗顔を重視

にきびは、体のさまざまな部位にできるものですが、顔などもにきびができやすい部位といえるでしょう。

特に思春期の時期には、顔に複数のにきびができて悩んでしまうこともあります。また、大人になってからも顔の肌荒れやにきびに悩んでしまう方もいるでしょう。対策としては、生活を見直して、乱れている習慣を改善していくことも必要です。生活習慣を改善することで、ホルモンバランスなどが乱れずにすむため、体の機能が正常に働き、肌に対してもいい影響を与えるでしょう。また、顔の肌を清潔に保つことも大切です。

汚れや汗、体内から分泌され、肌を保護する役割でもある皮脂なども肌の毛穴を塞いでしまう原因になり、にきびなど炎症を起こしてしまうことがあります。それを防ぐためにも、定期的に洗顔を行い、肌の毛穴が詰まらないようにすることが対策となるでしょう。洗顔での注意点としては、洗いすぎないことです。

丁寧に洗い、汚れなどを全部洗い流したほうがいいような気もしますが、実際には、丁寧に洗いすぎてしまうと、皮脂のほとんどを洗い流してしまうことで、問題が生じます。皮脂は毛穴を詰まらせる原因にもなりますが、外部からの刺激に対して、肌をカバーするため、皮脂は肌にある程度残しておかなければなりません。

そのため、洗顔できれいに洗い流してしまうと、肌が刺激を受けやすくなり、乾燥しやすい、また肌荒れの原因になりかねません。洗顔時には、ぬるま湯で適度に汚れや皮脂などを洗い流すようにすることで、肌の状態をいい状態に保つようにすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *