シミのようなにきび染みは治るのか?

大人にきびにはしつこいにきび跡がつきものです。

ブツブツとしたものが残ったり、染みのような跡が残ったりします。小さなブツブツならメイクで何とかカバーできますが、シミのような跡をカバーしようとすると厚化粧になってしまう場合があります。だからといってナチュラルメイクにするときちんとカバーできずに目立ってしまうこともあります。このようなシミは治るのでしょうか。

まず、にきび染みの原因は刺激を受けやすい肌状態です。大人にきびを繰り返す肌の場合、肌のバリア機能が低下して刺激に弱い敏感な状態になっています。バリア機能とは肌が本来備えている保水力・保湿力のことで、これは加齢やストレスにより低下します。すると刺激に敏感になってしまい、すぐにメラニン生成が促されてしまいます。その結果、メラニンが古い角質に色素沈着して染みのような跡になってしまうのです。

更にこのようなバリア機能が低下した肌はターンオーバーも低下しているため、色素沈着した古い角質がそのまま肌表面に残ってしまうため、なかなか治らないのです。このような跡を綺麗に治すためには、まずは肌に潤いをしっかり与えて保湿し、外部刺激から守ることが必要です。それと同時にメラニン生成を抑制する成分、メラニンを還元化して薄くする成分を配合してあるスキンケアを使うとシミを改善することができます。

さらに、肌のターンオーバーを促す成分が配合されていると色素沈着した古い角質を剥がれやすくするため、肌を綺麗にすることができます。このようにしつこいにきび染みはスキンケアを見直すことで改善することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *