ホルモンバランスの乱れでにきびができる

思春期の時期では、にきびができるイメージがあります。

あれは、成長期によりホルモンバランスが乱れることが主な原因の一つといわれています。ですが、思春期以外の時期であっても、成長し大人になってからも、にきびができやすい方もいます。

これの原因はどのようなものかというと、成長期の時期でないにしろ、生活や食事などが適当だったり、乱れた生活リズムを続けている場合には、ホルモンバランスが乱れたり、その他にも肌に対して悪影響を及ぼすことがあります。

そのため、まずはホルモンバランスが安定するように、生活習慣を改善していきましょう。睡眠をきちんととり、生活リズムを整えることで、自律神経やホルモンバランスが安定します。また、ホルモンバランスに影響がでることといえば、ストレスです。

ストレスが溜まり過ぎてしまうと、これも自律神経やホルモンバランスに多大に影響がでてしまうことがあるので、ストレスが溜まっていると実感している場合には、生活環境を一度見直して改善していきましょう。

ホルモンバランスの乱れがにきびの原因になるパターンとしては、ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの分泌が多くなってしまうことで、皮脂の分泌量が増加し、これが体内から多量に分泌されてしまうことで、肌の毛穴を塞いでしまうことがあります。毛穴を塞いでしまうことで、にきびができる原因につながります。そのためできるだけホルモンバランスが崩れないように、日々、生活習慣などはきちんとしておくことがにきび予防につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *