ニキビのメカニズムとその対策

ニキビは、皮膚の炎症性の疾患で、毛穴の中で細菌と皮脂、そしてホルモンが作用して炎症を起こしてできます。

始まりは、このような皮脂の分泌による毛穴の詰まりですが、そのまま放っておくと黒ニキビという状態になります。この状態は、毛穴の中に角質と乾いた皮脂が詰まり見えている状態です。逆に白ニキビは毛穴が閉じています。

この二つの状態にアクネ桿菌が加わると赤ニキビになります。これらのニキビの原因として挙げられているのは、内面的なものから外面的なものまでさまざまです。例えば、思春期にできる成長ホルモンの影響と男性ホルモンの影響などのホルモンバランスの乱れや、黄体ホルモン、ストレスなどの影響もあります。

その内のホルモンバランスの乱れは内面的なもので、ストレスなどの精神的な影響によるものは、外面的ない影響と言えます。それぞれの影響は、体の状態が熱っぽいときに起きやすいです。これは老廃物が熱のある上半身に多く作ることを意味します。これらの状態に合った対策を施して、症状を緩和していくことが大切です。

具体的な対策としては、一般的によくいわれている生活習慣の改善ですが、食事においてこれは重要です。皮膚の炎症は脂っこい食べ物や、甘い食べ物、そして刺激の強い食べ物を多くとると起こりやすく、症状を抑えるためにもビタミンB2やB6を摂るように心がけましょう。

他にも口にするものに関しては、1日に摂取する水を1.5リットル~2リットルほど飲むと、老廃物が減り血液粘度も減ります。このことから、細菌の感染を防ぐことができるのです。後は、皮膚を洗顔などの洗浄で清潔に保つことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *