意外と知らないニキビの原因

ニキビは皮脂の過剰分泌だけが原因と思っていませんか。

確かにそれも一因ですが、乾燥肌もその原因となるのです。そもそもニキビの原因は毛穴の詰まりです。毛穴に皮脂や汚れなどが詰まったままとなり、そこにアクネ菌が繁殖することが原因なのです。肌に残って毛穴詰まりの原因となるものの一つに古くなった角質があります。

通常、28日周期でターンオーバーで垢となって体外に排出されますが、ストレスや加齢などが原因でこの周期が乱れることで肌に残ったままとなることがあります。それが毛穴に詰まることがアクネ菌の増殖につながるのです。年齢肌の悩みに乾燥があります。加齢によって皮脂の分泌が低下したり、肌細胞内の水分が不足することが主な原因です。

このように皮脂が減っているのにニキビができる場合は古くなった角質が肌に残っている可能性が高いです。これを解消するにはターンオーバーを正常化して肌細胞の入れ替えをするしかありません。手っ取り早いのがピーリングなどで物理的に古い角質を取り除く方法ですが、あまり頻繁に行うと必要な角質まで剥がし取る恐れがあるのでほどほどにしないといけません。

理想が生活改善によって体の内側からターンオーバーを正常化することです。今日始めて明日効果があるなどの即効性が期待できないので継続が難しいかもしれませんが、ニキビのない内側から輝く美肌に導くにはやはり食事や運動、睡眠などの生活スタイルを改めるのが大前提になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *