ニキビと睡眠の関係は

いつの間にかできていたニキビに考え込んでしまう人も少なくありませんが、原因の一つに睡眠が関係していると言われると少し驚くのではないでしょうか。

よく睡眠不足だとそもそも様々な肌トラブルが発生しやすくなるのですが、その中の一つにニキビの発生も含まれると考えておくといいでしょう。睡眠中は肌を含めた体の修復が行われているのですが、寝不足が続くとこれが満足な状態で出来なくなってしまいます。

特にゴールデンタイムとも呼ばれる夜10時から2時の間は成長ホルモンの分泌も活発なので、この時間に起きているとさらに体に影響が出てしまいます。たまたま何かの用事で夜中を回って寝不足になってしまったというような一過性の寝不足であれば次の日すぐに早く寝ればいいのですが、この寝不足が長く続くようになってしまうとそれはニキビの原因になります。

寝不足だと日中も眠くてストレスを感じてしまいますから、そのストレスがホルモンバランスを崩してしまって、肌の環境がどんどん悪化してしまってニキビが出来やすくなっていきます。普段の食事や運動を何とか頑張っていたとしても、睡眠が足りなければなかなか治らなくて悩むことにもなってしまいます。

ただし、とにかく長時間寝ていればいいと言うわけでもありません。肌の代謝が活発に行われるのは眠りについてから3~4時間になりますので、できればこの時間をゴールデンタイムに合わせて眠るようにすれば、肌も体調も改善していく事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *