ニキビ跡が治りにくいわけ

毛穴にアクネ菌が繁殖して炎症を起こしたのがニキビです。

できてしまうと見た目がよくないですし、痒みや痛みを伴うこともあるなど非常に厄介な肌トラブルです。さらに問題なのが跡に残りやすいということです。これはどうしてなのでしょうか。跡が残るまでにはそれなりの過程を踏んでいるはずです。

ニキビには段階があります。極めて初期の段階が毛穴に皮脂などが詰まった角栓という状態です。この状態であれば角栓を取り除くことで跡を残すことなく、きれいに治せる可能性が高いです。角栓が空気に触れて酸化して黒くなったいわゆる「いちご鼻」のような状態でも同じ、角栓を取り除けばきれいに治る可能性が極めて高いのです。

問題が放置された角栓にアクネ菌が繁殖した状態です。それによって炎症が起こったニキビは炎症が治まるのを待つしかありません。ここで潰してしまうのは言語道断、これが醜い跡を残す原因なのです。特に炎症が真皮や皮下組織にまで及んでいる場合、傷付いた組織が完全に修復されるまでにはかなりの年月を要しますし、完全に治らない可能性も高いのです。そのため、皮膚の奥まで炎症が進む前に対処をするのが一番なのです。

ニキビ跡を残さないためには極早い段階の角栓の状態で処理をするのがベストです。とは言っても朝起きて、いきなり炎症を持ったニキビができていることもあるでしょう。そんな時は皮膚科の受診がベストですが、それが難しいのであればとにかく炎症が治まるのを待つことです。素人判断で薬を塗るよりは触らず焦らずにとにかく清潔に保って炎症が治まるのを待つことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *