一人でニキビ治療方法

世の中には、様々な方法でニキビを治療する方法が書かれています。

テレビや書籍、雑誌やインターネット等で色々なニキビを治療するノウハウが載せられていますが、それらを実践して効果の出た人達が果たしてどれくらいいるのでしょうか。何故、効果が出ないのかと言われると、それはニキビの根本にある本質、内容を学んでいないからです。本質となる知識を得ると、ニキビはすぐに治ります。

その本質とは何かについて述べていきます。まず、どのようにして作られるのかというと、お肌にある角質と呼ばれる皮膚細胞が古くなり、本来は古くなった皮膚は自然と剥がれ落ちるのですが、成長ホルモンの分泌が遅れているため、新たな細胞は生成されず、そのまま毛穴に埋まり込みます。

アクネ菌という細菌がいますが、この細菌は油分を栄養とし、成長します。そのまま毛穴の中にいる状態で、アクネ菌は成長しますから、お肌は膨張します。これがニキビという訳です。ですので、何よりも成長ホルモンを分泌させることが、効果的な治療となります。

成長ホルモンの役割とは、古い細胞と新しい細胞を入れ替えたりする働きをしています。このホルモンを分泌させるには、太陽の光をしっかり浴びることが重要です。というのも、太陽の光を浴びた約十五時間後、メラトニンという脳内分泌液が分泌されます。この分泌液は、熟睡へと誘う脳内物質で、深い眠りとつくことができます。成長ホルモンは深い眠りに分泌されます。
梅田でニキビ跡治療のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *