皮膚科でのニキビ治療

ニキビが肌の悩みとなるのは、何度も繰り返しできるためです。

繰り返すのは、何らかの理由でニキビのできやすい肌状態となっているせいでもあります。しかし、その理由は人によって異なり、自分で改善することはとても難しいことです。そのため、ニキビの治療は皮膚科を受診する方が、より早く症状の改善が見込めます。

肌トラブルの専門家の視点から治療を行うと、根本的な解決にもつながります。先に述べたように、ニキビのできる原因には個人差があり、その症状も実に様々です。顔の広い範囲にできている場合や、おでこやこめかみ、頬、口元など部分的にできている場合もあります。また、炎症を起こし、皮膚の内部に膿を持っている状態や、内部の膿が出て患部がジュクジュクしている状態などもあります。

医師は、一人一人に合わせた長期的な治療計画を立てます。また、あらゆる方面からアプローチをするため、いくつかの処置を組み合わせ、同時に行います。一般的な診察内容は、問診と検査、処置です。問診は、いつ頃からでき始めたのか、痛みの有無、生活習慣はどのようなものか、生理周期、市販薬の使用の有無などの質問に答えます。

治療に必要な情報を知るためのものなので、正確に答えましょう。検査は必ず行うものではなく、状態によってホルモンバランスなどを調べることがあります。処置は、その場で医師が薬を塗布することもありますし、面ぽう圧出という処置を行う場合もあります。薬が処方される場合は、薬の説明もあります。また、食生活や睡眠などについての細かいアドバイスももらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *