ニキビ治療は生活習慣の見直しから

いつまでたっても治らないしつこいニキビは、生活習慣に原因があるかもしれません。

ニキビの原因は実に様々ですが、慢性的な場合は生活習慣に問題があるケースが多いですので、根本的な治療を目指すのであれば一度生活習慣を見なおして見る必要があるでしょう。まず、睡眠時間についてです。睡眠は肌の健康都の関係が非常に深いです。

肌や髪など全身の細胞は、夜眠っている間に新しく生まれ変わっています。ニキビはいわば細胞が傷ついている状態ですので、改善のためには睡眠時の細胞の生まれ変わりがカギとなります。毎日睡眠時間が十分にとれない、睡眠時間がバラバラであるという人は細胞の生まれ変わりの働きであるターンオーバーが乱れがちとなり、常に肌が荒れている状態となることがあります。

特に22~2時の間は、ターンオーバーを活性化させる脳内物質である成長ホルモンが最も活発に分泌される時間帯ですので、この時間帯に熟睡できるように心がけることが治療に有効です。その他にニキビ治療の大敵となるのがストレスです。精神的なストレスは、全身の血行不良を招きます。

血行不良が起こると、体内に摂取した栄養が全身に行き渡らなくなり、肌の細胞の生まれ変わりに必要な栄養素もせっかく摂取したにもかかわらずうまく使われなくなってしまうのです。仕事や日常生活でのストレスは避けられないという人も多いですが、なるべくリラックスできる時間を持つ工夫をし、ストレス解消を心がけることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *