悪化する前にニキビを治療しましょう

今までに一度もニキビが出来たことがないという方もいるかもしれません。

しかし、何度も繰り返すようにニキビが出来てしまう方もいます。どのような違いがあるかというと、肌質の違いや肌荒れに対する免疫力の違いです。皮脂が多く毛穴に詰まりやすい肌質の方はニキビが出来やすい傾向にあります。また、遺伝的に出来やすい肌質を引き継いでいる場合も考えられます。ニキビが出来やすい方は、不潔にしているわけではなく、このような肌質の違いがあるからなのです。

同じような物を食べていても出来てしまう人もいます。ニキビが出来た時には、悪化する前に治療をすることが大切です。赤く腫れあがるような状態になると、シミのように残ってしまう可能性が高くなります。赤みが残ってしまうと、元の肌に戻す為には時間がかかります。すぐには治らないので、人によっては深刻な悩みとなってしまうのです。少しでも肌荒れをした時には、皮膚科などで治療をしましょう。

医師に相談すれば、気を付けた方が良い習慣や食べ物などを親切に教えてくれます。薬を処方してもらえば、1週間程で肌の調子が良くなる可能性が高いです。また、食品アレルギーが原因かもしれませんので、アレルギー検査をしてみることをお勧めします。もし、改善しなければホルモンバランスの乱れが原因かもしれないので、婦人科の病院で治療を考えましょう。女性でも、男性ホルモンが多く分泌されると、肌荒れしやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *