ニキビは早めに治療しましょう

若い頃はツルツルの肌をされていた方でも、大人になってからニキビが出来ることもあります。

大人になってから出来るニキビの原因は様々です。食生活の乱れや、ストレスの多い仕事をされている方は、体が悲鳴を上げている場合があります。また、ホルモンバランスの乱れや、両親がニキビが出来やすい肌質で遺伝的に引き継いでいることも考えられます。ニキビが出来た時には、なるべく早めに治療することをお勧めします。放置しておくと、もっと悪化してしまったりすることがあります。

大人ニキビは、顎やフェイスラインに出来やすいです。ホルモンバランスの乱れが原因の可能性が高いので、もし治らなければ婦人科の病院へ行ってみましょう。医師に話をして、薬を処方してもらえば、1週間程で改善することもあります。それでも治らなければ、食生活を栄養バランスの良い食事に整えたり、良質な睡眠を心がけることが大切です。

控えた方が良い食べ物は、揚げ物やチョコレートです。コーヒーなどの飲み物も、肌にとって刺激となる為、肌荒れしている時には控えましょう。どんな原因でも、肌荒れは皮脂が毛穴に詰まることで起こります。美容皮膚科などでピーリング治療をしてみた方が良いです。

古い角質が溜まっていると、肌荒れだけでなく、くすみやシミなど他の肌トラブルにもなる可能性があります。正常なターンオーバーに整える為には、ピーリング治療で剥がれるはずの古い角質を取り除いて、肌荒れが起こりにくい肌に整えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *