にきび予防には絶対に保湿

にきびができやすい人とできにくい人がいますが、できやすい人はぜひともにきびが発生する前に予防したいものですね。

しかし、どうして自分はにきびができやすいのかよくわからないし、どうやって防いだらいいのか迷っている方が多いでしょう。確かに体質は人それぞれですし、何が自分に合うのかというのはやってみないとわからないということも多々あります。しかし、どんな人にとっても予防にとても大事なことがあります。それは保湿なのです。実は乾燥こそがとても肌にとって悪いものなのですね。

なぜかというと、肌の水分がバリアとなって外的な刺激や雑菌からお肌を守っているからなのです。水分量が不足すると、そのバリアが崩れて外的刺激や雑菌の攻撃に耐えられなくなります。乾燥肌でも肌がテカテカしていることをインナードライといいますが、これは水分量不足のために皮脂量が過剰になっているのです。この過剰な皮脂が、ますます雑菌のエサとなって炎症を増やす結果となります。

これを防ぐためにはやっぱりなんといっても保湿に力を入れることが重要です。化粧水をたっぷり使ってきちんと肌に浸透させ、その上から必ず蓋としてオイルやクリームなどを塗ります。にきびができやすいと、ついついクリーム類は避けてしまいがちになりますが、蓋がないと水分が蒸発してますますの乾燥を招くので、しっかり使うことを心がけましょう。悪化するとしたらおそらくつけすぎが原因ですから、分量は小豆大くらいを目安に薄く伸ばすようにしましょう。
心斎橋のニキビ治療の比較のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *