にきび原因と予防方法について

にきびには10代の思春期にできるものと、20代以降にできるものと2種類あります。

原因はそれぞれ異なるため予防方法を間違えると悪化する可能性もあります。どちらの場合も洗顔は大切です。必ず朝夜2回するようにしましょう。洗顔しすぎると肌を傷つけてしまうので2回だけです。ただ、10代の場合部活など汗をかく機会もあります。その場合は3回になってもよいので洗顔しましょう。

10代のにきびは皮脂の分泌が活発になることが原因ですが、大人の場合はストレスや睡眠不足・不規則な生活などで男性ホルモンの分泌が高まることにあります。そのため20代以降でなった場合は生活習慣を見直し、健康で規則正しい生活にすることが一番の予防策なのです。10代では過剰な皮脂を取り毛穴を詰まらせないようにすることが必要です。油性のスキンケアコスメは使用せず油分の少ない保湿美容液を選ぶようにしましょう。思春期を過ぎるとホルモンバランスが整い、にきびは自然となくなっていきます。

とはいえ放っておいたらどんどん進行し皮膚を深く傷つけてしまうのでにきび痕として残ってしまいます。肌を清潔に保つとともにスナック菓子など取りすぎに注意し、充分な睡眠をとるようにしましょう。思春期が終わっても原因菌であるアクネ菌は皮膚からいなくなるわけではありません。不規則な生活をしていると今度は大人にきびとして活動を始めてしまうのです。10代のうちに原因を取り除くようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *