にきびを予防するためには

にきびとは、毛穴が皮脂や古い角質などで詰まることによって起こる皮膚の炎症性疾患です。

毛穴が詰まると毛穴の中で皮膚にいる常在細菌が皮脂などを栄養にして増殖することによって炎症を起こしてしまいます。酷くなると毛穴が破れて膿がでたり炎症が広がってしまうこともあり、このようになった場合皮膚が深くまで傷ついているためにきび跡として残ってしまいます。このような跡に残さないためにも、きちんと日々のケアで予防していくことが大切です。

にきびを予防するためには、皮膚を清潔に保つことと潤いを保つことが重要です。雑菌がつかないように手を洗ったら、自分の肌に合った低刺激な洗顔料をたっぷりと泡立て、なるべく皮膚に触れないように優しく洗い、肌に刺激を与えないために冷水で優しく泡を流していきます。洗い残しがあるとそれが肌トラブルの原因になってしまうため、しっかり洗い落とします。洗い終わった後は、清潔なタオルで水気を吸い取るようにタオルを当てていきます。

水気が無くなったら、化粧水をつけて保湿し、美容液をつけて肌に栄養を与え、乳液でしっかり水分を逃がさないように蓋をします。これが基本的なスキンケアですが、もっと積極的にケアしたい場合には、紫外線の刺激を与えないためにUVケアをする、カルシウムを摂ったり、食物繊維で便秘などを改善して腸内環境を整え、肌のよいビタミンを摂取するなどのほか、肌のターンオーバーを促す睡眠をしっかり取ることなどが大切となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *