おでこのにきびを予防する方法について

おでこのにきびが治らなくて困っている人は多いです。

おでこは、にきびが出やすい場所です。髪の毛が刺激になるなど、原因は様々ですが、おでこのにきびは、思春期によく見られます。思春期は、ホルモンバランスが変化し、男性ホルモンが増えます。男性ホルモンが増えると、皮脂腺が刺激され、皮脂の分泌量が増えるのです。そのため、皮脂が毛穴に溜まるようになり、汚れや古い角質などと混ざって毛穴を詰まらせてしまうのです。

毛穴の皮脂を栄養にしてアクネ菌が増えると、にきびが悪化することもあります。炎症がひどくなると、治った後に色素沈着やクレーターなどの跡が残るケースもあるので、注意が必要です。おでこのにきびを予防するためには、まず洗顔が大事です。余分な皮脂や汚れを落とし、しっかりと保湿します。おでこの部分は、クレンジング剤が残りやすい部分なので、しっかりと洗ってよくすすぎます。肌が丈夫な人の中には、ピーリング石鹸を使う人もいます。

また、髪を洗った時に、シャンプーやコンディショナーが残っていると、肌トラブルの原因となります。入浴時には、髪を最初に洗うようにすると、洗い残すことが少なくなります。前髪で額を覆うヘアスタイルの女性は、少し横に流し、ヘアピンなどで留めておくと、髪による刺激が少なくて済みます。肌の健康のためには、栄養バランスの取れた食事と睡眠も大事です。特に、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCなど肌に良いビタミンが含まれる食品を取るようにすると、肌トラブルの改善が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *