背中ニキビの治療方法とは

背中ニキビができてしまうことがありますが、背中ニキビは手が届きにくい場所にできることが多いため自分で改善するのは大変です。

赤ニキビや黒ニキビができてそのままにしてしまうと、炎症を繰り返して背中全体がしみになってしまったり、背中中がニキビ跡だらけになってしまうこともあります。ニキビ跡などを残さないようにするためにも皮膚科などで治療を受けるようにするのが良いです。皮膚科では医師のカウンセリングを受けて治療を行います。いくつかの種類がありますが、そのなかにケミカルピーリングがあります。

ケミカルピーリングは背中ニキビ自体に化学的に働きかけて、治癒を助けながらその原因となる毛穴のつまりも改善することができ、再発を予防することができます。グルコール酸を用いた方法が一般的ですが、オイリー肌の場合や症状がひどい場合にはウエットピーリングが使用されることもあります。

一度の施術での完治は難しいですが、2週間に一度など定期的に数回施術を受けることによってしっかりと治療を行うことができます。刺激は多少感じますが、終了後は当日から入浴することもできます。その他にも赤く腫れたニキビが多い場合にはニキビ菌が異常繁殖している可能性があるため、抗生剤の内服や外用薬を用いられることもあります。抗生剤だけでは効果はあまり期待できませんが、ピーリングなどと併用して用いることで皮脂の分泌を抑えて肌のターンオーバーを整えていくことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *