背中ニキビの治療は自分のケアで改善可能です

背中ニキビは、いくつかの原因が複合的に作用しています。

ニキビの発生は、肌の乾燥、睡眠不足などの物理的ストレスと精神的なストレスから起こります。特にストレスで自律神経の交感神経が活発になり、本来のホルモンバランスが乱れることにつながります。皮脂の分泌を促進し、角栓が発生して毛穴の縮小を引き起こします。小さくなった毛穴に角栓が詰まり、多量の皮脂が閉じ込められる状態がニキビの始まりです。

この状態で、皮膚の常在菌が入り込み、大量の皮脂により増殖し、炎症が発生し赤く腫れたニキビに変化していきます。背中ニキビを治療する方法は、大量に背中ニキビがある場合は皮膚科で治療をうけます。少量のニキビであればケアすることで治る可能性があります。自分で行なうケアは、背中をビタミンC誘導体を含むローションや化粧水で保湿し、毛穴を塞いでいる角質をとりさるためにピーリングを行ない、ピーリングは入浴時にピーリング専用の石鹸を使用することで古い角質を取り除くことができます。

背中なので自分でケアできない場合はエステなどを利用すると良いです。案外見落としがちなのは、シリコン入りのシャンプーです。シリコンは毛穴の詰まりを促進する可能性があるため、ノンシリコンシャンプーに変えることも背中ニキビの改善につながります。背中ニキビを予防するためには、不規則な生活や睡眠不足など生活習慣を見直し、食生活の乱れを整えます。規則正しい生活はニキビ予防には大切なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *