背中ニキビを自宅で治療

自分ではあまり見る機会の少ない背中、思い立って鏡で見てみると、ニキビやその跡がいっぱい出来ていたなんてこともあります。

自分では見えなくても周囲にはしっかり見える部分なので、背中のスキンケアにもしっかり力を入れて治療するようにしましょう。背中ニキビの原因は、汗や皮脂が分泌しやすい部位なので、汚れが溜まりやすく、また手が届かないために洗いにくいという点が挙げられます。そのため、自分でしっかり洗ったつもりでも、実際には洗えていないことも少なくありません。ボディタオルを使った洗い方は背中全体を洗うにはいいですが、細かいところは難しいため、ボディブラシを用意して少し強めに洗うといいでしょう。

背中ニキビは毛穴に詰まった汚れが原因となるので、ブラシによって毛穴の詰まりを解消し、さらに古い角質も落としてくれます。また、時間がないからとシャワーばかりを使用していると、背中ニキビにはよくありませんので、日頃から湯船に浸かるようにしましょう。湯船に入って体を温めることで毛穴が開くので、体を洗う際に毛穴に詰まった汚れを落としやすくします。何よりシャワーを短い時間で済ませてしまうと、ボディソープなどの洗剤を十分にすすぐことができず、汚れが残ったままニキビが悪化しやすくなります。

入浴して汗をかくことで、新陳代謝が活発化して、汗とともに老廃物や毒素などが排出されるので、肌に良い影響を与えます。加えて体が温まることで血行が良くなり、肌のターンオーバーが促進されるなど、ニキビやその跡の治療に効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *