背中ニキビの治療について

背中は手が届きにくいですから、塗り薬による治療は大変です。

背中ニキビの治療は皮膚科で受けることができますし、塗り薬ではない治療も受けることができます。ニキビができる原因のひとつに角質が固くなるというものがあるため、ケミカルピーリングという方法もありますし、ビタミンCなどの美容成分を効果的に浸透させるためのイオン導入という方法もあります。また、ニキビが出来る原因にはホルモンバランス関係しているため、ホルモン療法も受けることが可能です。しかし、ケミカルピーリングのように角質を一時的に剝がす方法の場合、既にバリア機能が低下している肌には負担が大きく、炎症がおきている状態では向かないなど、状態にあった方法を選んで受けることが必要です。

背中ニキビを皮膚科で治すのであれば、状態にあった方法を選んで受けるということが大切です。背中ニキビの大きな原因のひとつであるホルモンバランスの乱れは、女性の場合、婦人科でもホルモン療法によって改善することができます。

男性ホルモンが優位になると皮脂の分泌が活発になります。女性の場合には、ホルモンバランスの乱れによって他の婦人科系のトラブルを招くこともありますので、女性ホルモンの補充や、女性ホルモンに似た働きのある大豆イソフラボンを利用した方法も検討してみると良いです。食事などで大豆イソフラボンを多く含む大豆や大豆製品を積極的に摂るなどのことも効果的です。ストレスや睡眠不足でもホルモンバランスは乱れやすくなりますので、背中ニキビを治したいのであれば、生活習慣の改善もあわせて行うほうが良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *