高速通信を可能にしている無線LANの選び方

1999年に日本で普及したブロードバンドは、今や高速通信を可能にする光回線が一般的となりました。

最大データ速度100GBbpsで、2時間の映画であっても約1分でダウンロードすることが可能です。ただし、この最大速度とはLANケーブルでモデムとパソコンをつないでいる時に有効であり、ワイヤレスの無線LANでは最大速度が大幅に低下します。ところが、2018年以降に販売されている無線LANには光回線専用の高速通信を可能にしている機種もあるので、これを設置することでワイヤレス環境下でも高速データ通信が可能です。各社メーカーから無線LANが販売されていますが、高速通信ができるものの選び方としてはパッケージに記載されている最大速度とシグナルの強さに着目する必要があります。

2020年4月現在、国内の光回線の最大速度は100GBbpsとなっており、これ以上の速度でインターネットに接続はできません。そのため、無線LANのパッケージに100GBbpsないし、90GBbpsと記載されていれば高速通信が可能な機種であると判別できます。選び方のポイントであるシグナルの強さとは、住居内にあるパソコンと無線LANルーターの通信電波のやり取りに関連するものです。シグナルが強いほど離れた場所・障害物があったとしてもスムーズに情報のやり取りがおこなえて、通信速度が低下することもありません。この点も選び方で重要になるので、購入時はパッケージをよく確認して適切なものを購入しましょう。
無線LANの選び方のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *