最近メイクのりが良くないと思ったら、肌の保湿不足が原因かもしれません。メイク前に使用する基礎化粧品を正しく使うことで、メイクのりが良くなってメイクも長持ちします。まず顔を丁寧に洗顔して余分な皮脂を落としましょう。額から鼻のTゾーンは皮脂が過剰に出やすいので、念入りに洗いましょう。

その後化粧水をつけますが、肌にあったタイプを選ぶようにします。乾燥肌の方は乾燥肌用、部分的に乾燥する方は混合肌用、ニキビ肌にはニキビ肌用がおすすめです。コットンに化粧水をたっぷりとって、顔全体をパッティングして馴染ませます。その後そのコットンを開いて2枚にし、両頬にのせて3分ほどパックするのがおすすめです。

なぜ保湿にコットンを使うのかというと、手のひらでは化粧水が指の間から流れ落ちてしまうからです。せっかくの有効成分を台無しにしないためにも、コットンに含ませるのが安心です。肌がきちんと保湿されたか確かめるには、顔全体を手のひらで優しく押して、手のひらが吸い付くような感触があったら充分に保湿された証拠です。その後乳液やクリームをつけて、肌が吸収した水分が蒸発してしまわないようにします。

その後化粧下地をつけてメイクをしましょう。保湿されたことで肌の表面が均一になり、化粧下地やファンデーションが伸ばしやすくなって肌にフィットし、メイクが長持ちするようになります。化粧水は洗顔後最初に使うアイテムなので、充分つけるようにしましょう。