化粧水の成分はほとんど水ですが、そのため化粧水をたっぷりとつけるだけでは時間が経つと蒸発してしまい確実な保湿にはなりません。しっかりと保湿するためには洗顔後なるべく早めに化粧水を手に取り、顔全体になじませた後は神道を待たずに素早く乳液やクリームをつけるようにします。このことにより乳液やクリームが皮脂膜の役割を果たし、確実に保湿できるようになります。化粧水を付ける際、説明書にある指示通りの量が適量で、それ以上たっぷりと付けてもその多くは蒸発してしまいます。

また付ける際に手で顔をパチパチと強く叩いてしみ込ませようとすると刺激となり赤ら顔の原因となるため手のひらで顔全体にさっとなじませるようにします。一方でコットンを使用する場合にはしみ込ませる量が少ないと肌に刺激となってしまうため、裏側までしっかりとしみ込ませてから顔に付けるようにし、顔全体にやさしく滑らせるようにしてなじませます。この一方でコットンで強くこすりすぎると肌を傷める原因となる他、コットンパッティングも肌への刺激となるため避けるようにします。スキンケア化粧品を使用する順番としては、始めに化粧水で肌を整えた後、美容液で必要な成分を補い最後に乳液かクリームで肌にうるおいを閉じ込めるようにします。

美容液には主に保湿や美白、エイジングケアに特化したものがあるため、自分に必要な成分が配合されたものを取り入れるようにします。また乳液やクリームによりしっかりと保湿できるようになる他、肌を柔らかくなめらかに保てるようになります。ロダンフィールズのことならこちら