化粧品選びに苦労する敏感肌の女性にもおすすめできるのは、オーガニック製品や無添加のものというのが広く一般的な考えです。しかし、敏感肌の女性というのは、特定の成分に反応している場合もあれば、生活習慣などが原因で肌が敏感になっている場合もあり、化粧品選びはかなり神経を使うものになってしまいます。化学物質やアルコールに反応が出ると思っていたのに、実際は自然由来の成分、植物や花のエキスなどのアレルギーが原因ということもあるので、オーガニック製品だから敏感肌におすすめできるということではないことも事実です。どんな化粧品なら使えるのか悩ましいところですが、まずはその根本から意識を変えていきましょう。

スキンケアの基本は洗顔、化粧水、乳液、などのいくつかのステップがありますが、肌の清潔を保つ洗顔以外は特に必須というものではありません。まずは極力シンプルに何もしないところから始めてみましょう。一日何もつけずに過ごし、乾燥が気になったら化粧水を使いますが、精製水とグリセリンを混ぜた手作りのものを使うのがおすすめです。ここには添加物や防腐剤、アルコールも入っていませんので、安心して使うことができます。

ここで十分保湿されたならしばらく使ってみて、物足りないと感じるなら尿素やエッセンシャルオイルなどを加えていきます。ひとつずつ加えていくことで自分が何に反応するのか分かる場合もあります。市販のものを使う時にもなるべく成分がシンプルなものを選ぶようにしましょう。