敏感肌の人が化粧品を選ぶ際におすすめなのは、保湿成分が多く含まれている化粧品です。敏感肌の人は肌が乾燥して保湿が足りていないことが多いので、角層に水分を抱えることができる保水力の高い化粧品が欠かせません。おすすめの成分としては、水を蓄える能力が高いセラミドがあります。他にも、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンといった保湿成分も敏感肌のスキンケアに適しています。

他にも保湿成分は色々な種類が存在しているので、肌に合う保湿成分を探してみるのもおすすめです。一方、アルコールや香料などは肌にとって負担となる場合もあるため、多く含まれている製品は避けた方が無難です。心配な時はパッチテストを行い、肌に合っているか確認してみましょう。化学薬品を使用していないオーガニック化粧品なら安心と考える人もいますが、天然成分だからといって刺激が少ないというわけではありません。

また、敏感肌の場合は不必要なケアをなるべく避け、必要最低限のスキンケアに留めるよう心がけましょう。乾燥を気にしてスペシャルケアをいくつも行うと、かえって肌に負担を与えてしまう場合があります。肌の乾燥は摩擦も大敵です。クレンジングや洗顔を行う際に、力をこめて肌をこすってしまうと、摩擦で必要な皮脂まで洗い流され、乾燥を加速させるおそれがあります。

熱すぎるお湯も皮脂を必要以上に落としてしまうので、クレンジングや洗顔の際はぬるま湯で洗うようにしましょう。