スキンケアは女性にとって大切なことですし、毎日行っている人が多いとされています。化粧水は毎日のスキンケアにおいて欠かせないアイテムなのですが、手でつけた方が良いのかコットンでつけた方が良いのか迷っている人もいるでしょう。欧米では拭き取る化粧法が主流であり、コットンを使う人が多いとされています。ちなみに、手かコットンのどちらかを選ぶとしたら、手でつけるようにした方が良いとされています。

手で化粧品をつけると自身の肌の状態が分かりますし、肌の状態に合わせてつける回数を調整していくことができるのです。コットンの方がつけやすいと感じる人もいるかもしれませんが、手を使った方が肌への刺激が少なくなるというポイントもあります。手で化粧水をつける場合、まずは少量ずつ手に取り、5回~10回程度繰り返しつけるようにしましょう。手のひらで包み込むように優しくつけていくことが大切であり、手のひらが肌に密着するような感じが出ることが目安です。

また、つける前によく振っておくとさらに効果がアップするということです。化粧水は肌につけるものですし、手を清潔な状態にしておくことが当然です。また、化粧水は肌に塗るものではなく、少量ずつつけて肌に浸透させるものだと知っておきましょう。一度にたくさんつけても肌に全て浸透するわけではないので注意が必要です。

少しずつつければ肌に浸透させることができますし、無駄になってしまうことはないでしょう。