洗顔後のスキンケアに欠かせないのが化粧水であり、これを使用することで肌を和らげなめらかにすることができます。洗顔後の肌は汗やホコリの他、保湿に必要な油分まで落とされた不安定な状態です。この時ヒアルロン酸や皮膚に浸透力が高いグリセリンを初めとした成分を含んだ化粧水を使用することで、肌を保湿しその後付着させる美容液を馴染みやすくします。化粧水を肌に付けるとき、手のひらに出して使用する人とコットンに馴染ませてから行う場合があります。

手のひらを使い場合、体温によって毛穴が開き安く成分を浸透させやすいメリットがあります。この他には刺激が少なく、マッサージと同時に保湿成分を浸透できることも可能です。しかし短所としては顔全体に一定に浸透させることが難しく、ムラができてしまいます。一方でコットンを利用する場合、顔の凹凸にフィットできるのでムラなく保湿が可能です。

また手のひらと異なり、零すことなくたっぷり化粧水を顔に塗ることができる他、枚数を使えばコットンパックが可能です。しかしコットンは優しくパッティングしても肌に負担がかかりやすく、多くの化粧水を消費しないといけません。その為化粧品やコットン自体のコスト負担を考える必要があります。それでも両方のやり方が必ずしも良い、悪い方法ではなく自分にあった保湿方法を行うことが大切です。

どちらの方法も間違ったやり方ではないのでライフスタイルや肌質を考えてやり方を変えると良いでしょう。