肌質には、乾燥肌、オイリー肌、普通肌、混合肌、敏感肌などがあげられます。肌質に合わせてスキンケア用品を選ぶことが大切です。乾燥肌の場合には、お肌に水分を与えることが大切ですが、補った水分が蒸発しないものを選ぶことがポイントです。具体的には、角質細胞の間をつなぐ脂質を与えることがポイントです。

セラミドが含まれている化粧水を選ぶと良いでしょう。オイリー肌の場合には、お肌本来の油分までとりすぎないことがポイントです。適度に保湿をすることで、過剰な皮脂の分泌を抑える期待がもてます。皮脂の過剰分泌が気になる場合には、収れん効果のある化粧水を選ぶと良いでしょう。

混合肌の場合には、かさつく部分とテカってしまう部分で化粧品を分けることをおすすめします。化粧水を部位によって分けるのは難しいという場合には、油分と水分のバランスを整えるものを選びましょう。敏感肌の場合には、ドクターズコスメなど、低刺激のものを選ぶと良いでしょう。オーガニックコスメもおすすめですが、植物性由来の成分には、刺激が強いものも含まれている場合がありますので、自分のお肌に合うか、目立たないところでパッチテストを行ってから使用することをおすすめします。

化粧水は、水分を与える役割をしますが、その後の乳液やクリームで水分に蓋をしてあげることが大切です。水分や、美容成分の蒸発を防ぐことで、お肌に潤いを与えることができ、バリア機能を高める期待がもてます。