スキンケアはしっかりとしている人でも、クリームや美容液と比較すると化粧水というのは安い物を選びがちです。しかし、洗顔後のお肌というのは、うるおいが蒸発しやすく、とてもデリケートな状態です。最初に行うスキンケアとして、きちんとしたものを選び、使うことが大切です。まず、化粧水というのはお肌に水分を与えるものです。

水だけかと思う人もいますが、この水の中には水溶性の美容成分、つまり水に溶ける性質の成分も含まれています。水だけではなかなかお肌に付けても浸透しませんが、水溶性の成分が入ることで、お肌の奥までうるおいを届けることができます。化粧水には、さっぱりしたタイプともっちりしたタイプがあります。好みで選んで構いませんが、さっぱりとしたタイプにはアルコールが含まれていることが多く、敏感肌や乾燥肌の人は避けた方がいいでしょう。

どちらかというと、脂性肌向けのものと言えるでしょう。敏感肌や乾燥肌の人は、もっちりタイプがお肌に合います。最近はとろみ化粧水といって、サラサラとした水ではなく、とろみのあるタイプも登場しています。お肌を擦る刺激が少なくなるので、やさしく使うことができます。

化粧水は手でもコットンでもお好みで取り、お肌にやさしく付けています。何度も擦ってしまうと、刺激が強くなるので、手の場合は顔を包み込むようにするといいでしょう。コットンも強くたたくことはせずに、お肌にのせるイメージで使います。