肌トラブルに悩まされている人はまず化粧水を変えてみましょう。保湿力の高い化粧水を使うことで肌のバリア機能が改善し、肌トラブルが解消する可能性があります。では、化粧水を比較した際に、どのような点で保湿力が高いと判断すればよいのでしょうか。ずばり、保湿力の違いは「セラミドの違い」です。

セラミドは肌の角質層で水分を保持するうるおい成分。赤ちゃんの頃にツルツルだった肌が年を取ってカサカサになるのは、このセラミドが年齢とともに減少してしまうことが一つの要因です。しかし、セラミドと一言で言っても様々な種類があります。化粧水を選ぶ際にはセラミドについて比較検討することが必要です。

化粧水に含まれるセラミドには、「天然セラミド」「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド」などがありますが、おすすめなのは「ヒト型セラミド」。酵母を利用して生成されるヒト型セラミドは、その名の通り人の肌に存在するセラミドとほぼ同等の化学構造をしています。そのため肌に浸透しやすく、肌に優しいのが特徴です。さらに、肌への浸透力がの高さを比較するポイントとして「ナノ化」された「ナノセラミド」かどうかを見極めましょう。

これはセラミド以外の成分にも共通することですが、ナノ化されたものの方が粒子が小さく肌への浸透率が格段にアップしています。つまり、セラミドを細かくしたナノセラミドは通常のものよりも角質層の深い部分まで浸透しやすくなっているのです。