エッセンシャルオイルを配合した化粧水は香りが良く、芳香成分を利用してスキンケアできます。オイリー肌の人には柑橘系の芳香成分を大量に含んだ、柑橘系の精油を配合した化粧水は使いやすいです。その理由は、柑橘系にはリモネンという油を分解して除去する香り成分を含んでいます。皮脂汚れを落とす時に使うと、刺激が少ない上で除去できますから、クレンジング剤が苦手な人にも有効な成分です。

ちなみにリモネンを含んでいる物は、柑橘系の果実がほとんどですが、柑橘系全てに含まれているという、変わった共通点があります。独特の香りがしますが、特にオレンジスィートがトップに値する程、リモネンを含んでいます。比較しても圧倒的な含有率を見せますが、芳香成分中に90%以上も含まれていますから、皮脂汚れには特効をあらわします。レモンはおよそ65%以上含みますが、比較するとオレンジスィートに明らかに劣ります。

両者共にメリットがある物ですが、化粧水に配合する場合には内容量の1%程しか加えない傾向にあります。メーカーにもよりますが、それだけで十分に匂いを付ける事ができます。柑橘系のエッセンシャルオイルは匂いが強いですから、大量に化粧品に加える事はできないです。しかし、芳香成分が皮脂汚れに作用しますから、重要なのは量ではなく天然の香り、リモネンがポイントです。

化学香料と比較すると匂いの継続時間は短いですが、それは天然である証明にもなります。