洗顔や入浴後に使用する化粧水は、スキンケアの基本と言っても過言ではありません。肌に水分を与えて、その後の美容液や美容クリームの効果を高めることができるうえに、化粧水に配合されている美容成分を比較して選べば、自分にあった肌トラブルのケアをおこなうこともできます。化粧水によく利用されている美容成分がヒアルロン酸、イソフラボン、コラーゲン、ビタミンC誘導体などです。こられの美容成分は、それぞれ効果を発揮する箇所が違ってくるので、自分の肌質を理解して、きちんと比較して選ぶようにしましょう。

ヒアルロン酸は肌の潤いやハリ、弾力が欲しい時に最適な美容成分です。ヒアルロン酸は水分を抱え込む働きに長けているので、摂取することで肌をモチモチに整えることが可能です。コラーゲンもヒアルロン酸同様にハリのケア効果が高くなっています。さらにシワ対策にも高い効果が期待できます。

イソフラボンは女性ホルモンに似た構造をしていることで有名な成分で、摂取することでホルモンのバランスが整ったような効果を得ることができます。肌に透明感が出たり、毛穴が目立たなくなるなどの嬉しい効果を得ることができます。ビタミンC誘導体はシミやくすみ、黒ずみケアに最適です。ビタミンC誘導体が、ほかの美白成分と比較して優れているポイントは、メラニンの生成を防ぐだけではなく、すでに沈着してしまったメラニン色素も還元もできるところです。

1つで2つの働きをおこなうので、効果的にシミや黒ずみを薄くしていくことができます。