敏感肌は、少しの刺激が引き金となって、かゆみやかぶれなどの肌トラブルを起こしてしまいます。特に、クレンジングは肌に与える刺激が強いため、気をつける必要があります。では、敏感肌の人は、どのようなクレンジングをすれば、肌に負担をかけずにメイクを落とせるのでしょう。最もマイルドに落とせるクレンジングは、クリームタイプやミルクタイプ、バームタイプのものです。

肌への馴染みも良く、摩擦を起こしにくいため、刺激を与えずにメイクを落とすことができます。しかし、洗浄力ではオイルタイプに劣るため、アイメイクやウォータープルーフのメイクには、ピンポイントでオイルタイプを使うようにするのがベストです。また、敏感肌のクレンジングをするときの注意としては、しっかり落とそうとして強く擦るなど、摩擦を与えないようにすることです。目の周りや口の周りは、他の部分に比べて皮膚が薄くなっているので、摩擦は肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

優しく、素早く落とすようにしましょう。また、メイクをするときも、出来るだけクレンジングに負担がかからないように、薄めのメイクを心掛けるのが無難です。ファンデーションも、ミネラルファンデーションやフェイスパウダーにするなど、工夫をすることができます。刺激を与えたくないからといって、中途半端にメイクを落とすと、汚れが残ってトラブルの原因となるため、しっかりと落とすようにしましょう。