クレンジングを行うときには、肌への負担が大きくなります。そのため、敏感肌の方は慎重に選ぶことが必要です。低刺激で適切な洗浄力を持ったものを選ぶようにしましょう。敏感肌の方は、ミルクタイプやクリームタイプなど、肌の負担が少ないタイプのクレンジングを選ぶほうが敏感肌にはよいです。

普段のメイクの濃さにもよりますので、その辺も考慮に入れて選びましょう。パウダー程度の軽いメイクであればミルクタイプでも十分に落とすことができます。クリームやバームタイプであれば、もう少し濃いファンデーションでのメイクなどでも落とすことができます。ポイントメイクを行うのであれば、それを落とすものは別に用意しましょう。

肌への刺激が大きいのも困りますが、刺激を避けるために汚れが残ってしまうのも困るからです。落ちにくいポイントメイクは専用のアイテムでキチンと落とし、全体のメイクは低刺激のクレンジングで落とすなど、使いわけも意識するとよいです。洗うという行為は、汚れを落とせるのと同時に肌を傷付ける恐れもある行為です。ダブル洗顔よりも一回洗うだけのほうが、肌への負担を軽くできます。

そのため、ダブル洗顔不要のクレンジングなどもチェックしてみるとよいです。その際には使われている成分もしっかりチェックしましょう。美容成分がたっぷり入っているゲルタイプなどもあります。肌との相性が大切ですから、使ってみて刺激を感じないものを選ぶということも大切です。

トライアルなどを活用して、相性を確認しながら探すとよいです。